日本橋スマートシティプロジェクト

Nihonbashi Smart City

日本橋、
エネルギーの地産地消を描く。

 日本橋の再開発ビルを起点に街へエネルギーを供給する“エネルギーの地産地消”の実現に向けた、日本初の取り組み「日本橋スマートシティプロジェクト」。その仕組みを広く紹介するために制作されたムービーの作画と、パンフレットデザインで本プロジェクトに参画しました。
 “東京の真ん中に発電プラントを作る”という発想でビルの地下に設置された「コジェネレーションシステム」は、ガスを使って発電し、そこで発生する熱も暖房や給湯に無駄なく利用。周辺の既存ビルにも、その熱電エネルギーを供給します。江戸の伝統文化が息づく日本橋エリアの景観を継承しながら、最新の技術でその環境性能を向上させ、都市の防災力をも高める本事業を、インフォグラフィックスでわかりやすく描いていきました。
 プラント内部の図解から始まり、大きくは日本橋エリアの全体像までを描き分けるため、全て立体図法を用いてイラストを起こしています。街並みからそこに生活する人々まで、全てを和色に統一して描いていくことで、日本橋の佇まいを演出しました。

Client: 三井不動産TGスマートエナジー
Year: 2017
Illustrator: 俵社
Motion: 三沢 雄吾 (Web)
Spec: ムービー
リーフレット

三井不動産TGスマートエナジー
https://www.mftg-smartenergy.co.jp/smart-city/index.html